手作り工房「こみち」のつぶやき日記

製作の日々のつぶやきです。

鍛冶屋体験してきました!の巻。

2012.01.19 (Thu)

昨日は、京都の鍛冶屋職人さんの所で体験をさせてもらいました。

ろくやおんさんと行ってきました。
もちろん運転は、彼女です。(お世話になりました!)

鍛冶屋さんとの出会いは、去年の夏のイベントです。
鉄のオブジェが重厚感を放っていました。
こみち、OL時代の会社が鉄関係の会社だったので、興味が・・・(笑)
少し話をした時に、「鉄は柔らかい」と言われました。
無口な方で、「やったらわかる」と一言。
そんな時に、ろくやおんさんが「鍛冶屋やってみたい!」と興味津々。

そんなこんなで、行っちゃいましたね~

まずは、鍛冶屋さんがお手本。
金槌でステンレスの葉を叩く。
真っ赤な鉄の棒の端が尖るように叩く。
そうよね・・・頭では分かってるんですよ!
体が、腕が、考えるように動かない。
同い年なのに、加治屋さんと同じよには動けない!
「なんでかね~」「あ~限界!」「ん~無理!」
と、うなる中・・・
目がキラキラしたろくやおんは、どんどん形になっていく。
「お、早くもできそうやん!」と言う声まで(驚)
「じゃ次、こみち!」「ふぅぅぅぅぅ・・・」
・・・・・握力0になりました。
ha1.jpg ha.jpg



お次は治具に当てて、鉄を曲げる。
バーナーで真っ赤になった所は、クニャ~と曲がる。
「あ~あ~あ~、鉄は柔らかいッ!!」
やっと、今日最初のテンションが上がりました(笑)
だいぶん、時間経ってたんですけどね。。。

ん?写真?あんまり無いよ~(笑)
だって、必死でしたもん。
熱いの怖い、火の勢いとか音とかに「あぁッ!」「うッ!」のビクビク。
うっかり、触ってしまいそうになり、何度も止められる。
改めて、鍛冶屋さんの仕事の凄さを感じました。

午後は、京都文化博物館に展示されている、受賞された作品を見に行きました。
創る工程が想像できないくらいの作品が並んでいて、圧倒されました。
作品の名前は「かえる」。
私には、哀しい気持ちを感じました。
深い仕事だと思いました。

京都らしい街中の割烹料理店でのランチ、京都駅ビルでの和菓子の買い物・・・
本日、2回目のテンション上げ上げ↑です(笑)
「自分ら、今日何したか忘れたやろ?」と冷ややかなお言葉。
そんな事は決してないです!
この・・この腕の痛みが覚えています(笑)
鍛冶屋さんお忙しい中、1日を付き合って頂き、ありがとうございました!

皆さん、もしもイベントで、鉄のオブジェのブースを見つけたら、
漂う変な雰囲気を無視して、じっくり見て下さいね~
そして「雲の椅子」に腰掛けて下さい。
座り心地は、フワフワしますよ~

ろくやおんさんのおかげで、楽しい1日でした。
京都が近く思えました♪
ず~っと、運転してくれてありがとうございました。
結局、いちご大福は味わう事が出来ませんでした。。。
スポンサーサイト

<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

コメント

鍛冶屋さん

出てるんやて(笑)
見せてあげたいッ!!

ありがとうございました!
ソコは、尊敬してますよ。。。

漂う変な雰囲気?
出てへん!出てへん!!

trillさん

鉄・・・深いです。。。

ろくやおんさん

今日は、筋肉痛です(涙)
・・・階段ね。
鍛え方を教えて下さい。。。

おおおお~

鉄好きです~~~~~~~~~

大変お世話になりました!

こちらこそお世話になりました!
超楽しかったです!
ありがとうございました。
運転好きですから、それも楽しかった!
ちょっと間鉄と遊びそうです。。。

来年は京都駅の階段駆け上がりですよ!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

こみちプロフィール

手作り工房『こみち』

Author:手作り工房『こみち』
兵庫県たつの市龍野町川原町134-4
昭和9年築の町家が工房です。
水曜~日曜 10:00~15:00
月、火曜 定休日
急用や、イベント参加のため、留守にする時があります。
ブログで確認されるか、連絡を頂ければ助かります。
白いのれんは「います~!」の印。

メール・・・koubou_komichi@yahoo.co.jp

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム